和食に似ている外国料理と言えば。

イタリア料理が大好きなアナタに豊中のイタリアンで有名なお店を紹介します。パスタの種類も多いのでアナタのお気に入りがすぐに見つかります。美味しいのでリピーターになっちゃいますよ。

みなさんは、日本の料理と一番似ている料理はなんだと思いますか?
中華でしょうか?フランス料理?それとも韓国料理?

実は、個人的にはイタリアンこそ、日本の料理と根底の部分で似通っている料理ではないかと思うのです。
これは、何故かというと、あまりイタリアンでは、濃い味付けは好まれないからです。

例えば、イタリアンパスタの代表格のペペロンチーノなどでは、更新料や塩コショウをあまり使いません。
「それは嘘だ」と思われるかもしれませんが、実際はペペロンチーノの塩けは、パスタの茹で汁が主です。日本のファーストフードでは、タップリとオリーブオイルを使って、たっぷり塩コショウ・更新料が使われているイメージですがそれは誤りです。
オリーブオイルは、たくさん使いますが、塩けはあくまでパスタをゆでた時の塩を使います。

さらに、いたずらに熱を使って調理することも好みません。あくまで、弱火で熱を保つ程度にして、ソースとからめるという感覚で調理します。日本ではよく中火ぐらいの日の強さで、焼きそばのようにジュウジュウ焼いていますがこれでは、本当に焼きそばになってしまいます。
あくまで、オリーブオイルを使用した滑らかなソースをからめることで、完成させるのがイタリアンパスタなのです。トマトベースのソースになると話は別ですが、オイルベースだとこれが基本です。

そして、もう一つイタリアンには欠かせないものがあります。それがチーズです。
イタリアンにおけるチーズの用法は多岐にわたります。トマトとバジルとモッツァレラチーズとオリーブオイルをかけたサラダの「カプレーゼ」や、チーズをふんだんに使ったピッツァなどが有名です。他には、チーズベースのソースのパスタがあります。また、米料理のリゾットなどにも非常に多くのチーズが使われます。